WEBアザラシ

デジハリという海で泳ぐアザラシのブログ

ハッカソンで良い評価を頂いた時のプレゼンにおける共通項を自己分析してみた。

どーも、あざら氏(@degihari)です。 昔、Tumblrに書いてた自己流のプレゼンのコツという記事を ブログを変えたことを期に、そのまま転載しました(笑)

1、失敗するプレゼン ・事前にプレゼンを原稿を見たまま練習。 ・スライドを見る。

2、なぜ失敗するのか ・練習通りの言い回しが出来ないと途端にミス(したと思う。) ・そもそも練習で覚えた文章を思い出すことに必死になり  次のスライドへの意識が消える。で、ミス。

⇒結果、負のスパイラルに入り込み自滅。

3、従来までの対策 ・練習する文を書いて完璧に覚える。 ⇒時間が掛かり過ぎる。まだミスした場合のリスクが消えていない。

4、自己流プレゼン ・事前に練習をしない。 ・プレゼンするプロダクトの流れやイメージをシンプルに脳に描く。 ・スライドの流れを覚える。

5、このプレゼン法の効果 ・文をミスらない。  即興で考えるため。 ・質疑応答に強い。  イメージが作れているため。 ・審査員や観客の印象に残る。  目線がスライドに戻らないことで惹きつけられるため。

6、このプレゼンをするためには ・スライドを全て描く。  オススメは無印の4コマ漫画用ノート。 ・プロダクトのポスターをB5の紙に書く。  小さく書くことでプロダクトの要点を絞れる。イメージしやすい。

7、緊張を消す方法 ・数をこなし慣れる。 ・ルーティーンを決めておく。 ・声を大きく出す。 ・息を吸う。 ・その場をウロウロする。 ・なるべく会場を見回す。

8、最後に ・TEDの様な作りこまれたプレゼンは出来ないしする必要もない。 ・学校の先生のように教える感じで。 ・友達にオススメの漫画を教える感じで。

・誰だって失敗するので今回のプレゼンが最後だと思わない。